YouTube CPMとは?なぜそれが重要なのか?

What is YouTube CPM

YouTubeの広告を扱っていると、CPMとCPCという2つの用語を目にすることがあります。では、YouTubeのCPMとは何かというと、CPMはCost Per Mileの略です。基本的に、CPMが意味するのは、1,000インプレッションあたりのコストです。これは、広告主が、その広告があなたの動画に掲載される1000回のインプレッションごとに支払うコストです。CPMは、広告主によって異なります。そのため、広告価格も変動し、広告のジャンルや一貫性、入札価格など様々な要因によって変わります。また、YouTubeの動画の内容によってもCPMは大きく変わり、CPMが高いトピックもあります。

<! — wp:paragraph –>

YouTubeでキャリアを積んでいきたいのであれば、CPMを上手に使わなければなりません。広告主から見てどの動画がより価値があるかを判断するのに最適なツールです。YouTubeでお金を稼ぐ方法は非常にたくさんありますが、YouTube動画の広告でお金を稼ぐことは、自分の動画でお金を稼ぐための重要な方法です。そのため、YouTubeのCPMとは何かを知ると同時に、どの動画が収益化できるかを知って、コンテンツを企画し、それらのテーマに関連する動画を撮影する必要があります。これは、用語であなたのチャネルに多くの広告代理店を誘致します。

YouTubeのCPMに影響を与える要因

あなたの地理的な位置

CPMは場所によって異なるため、YouTubeから得られる金額は、あなたがどこに住んでいるかによって大きく異なります。モルディブのように、CPMが15.47ドルと非常に高い国もあれば、ポーランドのようにCPMが9.23ドルという国もあります。このように、住んでいる場所によってもらえる金額が大きく変わってきます。これに加えて、CPMから得られる収入の55%しか受け取れないことも念頭に置かなければなりません。例えば、CPAが1.80ドルだった場合、その55%、つまり0.99ドルしか受け取ることができません。YouTubeは、CPMの収益からもカットされます(正確には45%カット)。このように、YouTubeのCPMを知ることで、より良い広告主を自分の動画に引き寄せることができるのです。

ニッチな市場を狙う

Targeting a Niche Market

前にも述べましたが、YouTubeではいくつかのトピックがより高いCPMを得ることができます。したがって、CPMを高くしたいのであれば、ニッチな市場をターゲットにした動画を作ってみましょう。例えば、ドラッグストアのメイクアップ動画は、ハイエンドのメイクアップ動画よりもCPMが高くなるようです。さて、より多くの広告主を獲得したいのであれば、より高いCPMを獲得できるコンテンツを作るのが一番です。試行錯誤ですが、どちらの動画が広告主を惹きつけているかをよく観察して、その動画の収益性を高めていく必要があります。

動画の再生回数

Number of Views on Your Videos

広告主が広告を仕込むことを選択した動画には、1000回以上の再生回数があります。そのため、過去の動画を見てみると、内容を注意深く分析し、なぜ他よりも良かったのかを確認することができます。それらの変更を実行することで、あなたのチャンネルに広告主をより惹きつけるコンテンツを作ることができます。このように、YouTubeのCPMを把握することで、より良いソーシャルメディア戦略を考え、コンテンツもより良いものにしていく必要があります。

CPMは唯一の広告手段か?

そんなことはありません。先に述べたように、YouTubeのCPMに加えて、これらの広告で稼ぐもう一つの伝統的な方法があり、それはCPCと呼ばれています。CPCとは、Cost per Clickの略で、「クリック単価」のことです。これらの広告は、主にビデオの周りに配置されていますが、CPM広告は、ビデオの開始前に再生を開始し、時には同様にビデオの間に、ビデオ自体の中ではありません。CPC広告は即金性が高く、CPM広告はYouTuberの露出度が高いという特徴があります。その名の通り、クリック数に応じて報酬が決まるのです。

結論

YouTubeのCPMがわかったところで、どのトピックが視聴者の注目を集めているのか、広告主の目に留まりやすいのかを見極める基準として使うことができます。もしあなたがより多くの広告主を求めているYouTuberであれば、より良いYouTube戦略を立て、より多くの人にリーチできるようにすることで、簡単にCPMを上げることができます。このように、今回の知識を活かして、よりマネタイズされやすいコンテンツを作っていきましょう。

Empfohlen