YouTubeで最初に公開された動画は?

What was the First Video on YouTube

YouTubeに最初にアップロードされたビデオは何だろうと考えている人も多いでしょう。最初にアップロードされたのは、共同創業者のJawed Karimが動物園を見学したときの映像でした。それ以来、共同創業者が投稿した動画はこの1本だけです。18秒という短い時間の中で、カリムは象の前でポーズをとり、なぜ象がとてもクールなのかを説明しています。彼はビデオの中で、「ゾウのクールなところは、長いトランクを持っていることだ」と述べている。これはとてもシンプルな言葉ですが、Karimの顔と表情は、このビデオが集めた再生回数(9,000万回)に値するものです。

今日のビデオの大半とは異なり、Karimは「もう何も言うことはない」と言ってビデオを終えました。自分のビデオに「いいね!」を押してほしいとか、自分のチャンネルを購読してほしいとか、そういう話は一切ありませんでした。このビデオ自体は、最高の品質でもなければ、高級なビデオ編集ソフトで作られたものでもありません。カメラクルーも使っていないし、フィルターもかかっていない。カリムが象の話しかしていないことからも、ビデオの内容は間違いなく本物で純粋なものです。YouTubeに最初にアップされたビデオと、現在見られるビデオとでは、制作の質に大きな違いがあります。

YouTube。世界的な大ブーム

このプラットフォームでは、大きな高低差があります。さらにYouTubeは、オリジナルの映画やテレビ番組を配信する「YouTube Red」を立ち上げるなど、あらゆるものを取り込んで発展してきました。YouTubeにおけるVlogの世界は、最初に投稿された動画に端を発しています。この動画は、一人の男が動物園を回って自分の日常を記録しながら、カメラを通して視聴者に情報を与えたり、間接的に話しかけたりするものです。この最初の動画から生まれたコンセプトは、今日、複数のチャンネルで見られるすべてのVlog動画の先例となりました。

グローバルな名声

Global Fame

現在、人々は76以上の言語でYouTubeにアクセスできます。このように、YouTubeはすべての人のための包括性を促進するためにレベルアップし、その水準を高めています。人々は、プラットフォーム上のさまざまな人を見て学ぶことで、自分の情熱を高め、スキルや興味を築くことができます。今やYouTuberは、どのコンテンツを撮影するか、何時に撮影するかを自分で決められる、非常に有利で寛大な仕事であると考えられています。

YouTubeは、他の人が興味を持つようなコンテンツを作るだけで、人々のキャリアを広げ、成長させることができました。このコミュニティには現在、何十億もの動画があり、世界中の人々に毎日消費されています。そして、そのすべてが、一人の男が動物園での一日について話すことから始まったのです!

YouTubeの最初の動画の教訓

Lessons from the First Video on YouTube

YouTubeに投稿された最初のビデオは、私たちにいくつかの貴重な教訓を教えてくれました。その一つは、自分にとって面白いコンテンツを発信する必要があるということです。凝ったビデオ編集は後回しにして、コンテンツがしっかりしていれば、カメラ機材を買って、適切な編集方法を学ぶことができます。ただし、まとまったスタイルを確立し、それを動画に反映させることが必要です。それ以外にも、Karimの最初のビデオは、最初のビデオを作るために数え切れないほどの時間を費やす必要はなく、ただ最初の一歩を踏み出せばいいということを教えてくれます。

YouTubeチャンネルを開設することは、個人でも実現可能なだけでなく、ビジネスを行っている場合には、そのビジネスを大いにアピールすることができます。来店した人にチラシを渡すよりも、座って商品の説明をしたほうが、より多くのお客さまに来ていただける可能性があります。多くの人は、説明を読み上げるよりも、人が説明している動画を見たいと思っています。人間は視覚的な生き物ですが、最初のビデオはその典型で、人は読むよりも人が動物園を見せてくれるのを見る方が好きなのです。

この戦略を使うことで、YouTuberが助かります。あなたが新人YouTuberなら、これを利用してください。私たちの記事が参考になり、「YouTubeで最初の動画は何だったのか」という疑問が解消されたことを願っています。

Empfohlen