はじめに

ビデオを録画して、YouTube用に編集したら、次のステップはアップロードすることです。しかしその前に、YouTubeが動画を処理するのにどれくらいの時間がかかるのかを知っておく必要があります。アップロードに20分かかる動画もあれば、中には2時間以上かかるものもあります。この記事では、YouTubeの動画処理に影響を与える基本的な要因について説明します。

YouTubeの動画処理に影響を与える基本的な要因について説明します。

YouTubeが動画を処理するのにかかる時間はどのくらいですか?

Does it Take for YouTube to Process

YouTubeが動画を処理するのにどのくらいの時間がかかるのか気になるところですが、YouTubeが処理する時間には一定の要因があります。

映像の質

Quality of the video

YouTubeでは、画質の良いものと悪いものの両方の動画を見たことがあると思います。動画の品質に影響を与えるものは3つあります。

  • ビデオの解像度。解像度とは、映像の何ピクセルを表示しているかを意味します。画素数が多ければ画質が良くなり、解像度も高くなります。一般的な動画の解像度には、HD、SD、フルHD、4Kがあります。4KやフルHDの動画をアップロードする場合は、解像度を下げてからアップロードしてみてください。1080pで見る動画はフルHD、720pで見る動画はHD画質です。
  • フレームレート。動画は、一連の画像で構成されています。フレームレートとは、1秒間に何枚の画像を表示するかを意味します。フレームレートが高ければ高いほど、動画の品質が向上します。YouTubeにアップロードする動画は、適切なフレームレートである必要があります。
  • ビットレート。一定の単位時間にどれだけのビットを処理するかを表します。ビットレートが高いほど、動画の品質が向上します。ただし、ビットレートが高くなると、ファイルのサイズも大きくなります。

動画の長さ

how long does it take for youtube to process a video

YouTubeは、動画が非常に長い場合、アップロードに時間がかかることがあります。動画を短いものに分割すれば、YouTubeでの処理やアップロードが容易になります。視聴者も、長い動画に比べて短い動画の方が見やすいでしょう。YouTubeでは、HDビデオのアップロードに最低20分から1時間以上かかります。

映像のフォーマット

動画のファイル形式で最も人気があるのはMP4です。YouTubeはMPEG、WMV、AVIにも対応していますが、標準的なMP4形式にこだわるのがよいでしょう。また、動画を圧縮してファイルサイズを小さくし、アップロードしやすくするコーデックも必要です。YouTubeで動画を再生する際には、コーデックの影響を受けずに品質を保つことができます。最もよく使われているコーデックはH.264です。

アップロード速度

Upload speed

動画のアップロード速度は、お使いのブロードバンドのアップロード速度によって決まります。YouTubeに動画をアップロードするには、安定したインターネット接続が必要です。接続が途切れたり、接続状態が悪かったりすると、ビデオをアップロードできなかったり、YouTubeの処理に時間がかかったりします。アップロードの速度は、ビデオのファイル形式によっても異なります。

YouTubeが動画を処理するのにかかる時間がわかったので、アップロード時間を短くするために必要な対策を講じることができます。

Empfohlen