The Founding of YouTube
プレス・プレイ:動画共有サイト「YouTube」の設立について 2

YouTubeは、インターネット上で最も人気のある動画共有サイトで、毎月8億人以上のユニークビジターが訪れ、毎月約40億時間の動画が視聴されています。
また、YouTubeは第2位の検索エンジンでもあります。
YouTubeは動画共有プラットフォームとして、個人やグループ、さらには企業がオンラインで動画を共有することにより、ほとんどコストをかけずに多くの人々にアピールすることができます。
YouTubeが世界的に成功している背景には、面白いと思った動画を他の人と共有したいという人間のニーズと欲求があります。YouTubeの人気の秘密は、そのシンプルさと使いやすさにあります。 インターネットに接続できる環境があれば、誰でもビデオにアクセスし、YouTubeにアップロードすることができます。

三人の友人と一つのアイデア

YouTubeは、3人の人間の頭脳から生まれました。台湾生まれのプログラマー、スティーブン・チェン、東ドイツ生まれのコンピューター・プログラマー、ジャワード・カリム、そしてグラフィック・デザイナーのチャド・ハーリーです。 この3人は、オンライン決済システムのPayPal社で働いていた時に出会い、友人になりました。 2002年、PayPalはネットオークションのeBayに買収されましたが、その際にPayPalの全社員にボーナスが支給されたことがYouTubeの誕生につながりました。

このようにして、YouTubeは誕生しました。 同じ頃、2004年のインド洋津波と、2004年2月のスーパーボウルXXXXVIIIでジャネット・ジャクソンがハーフタイム・パフォーマンス中に起こした衣装の乱れという2つの事件があった。

この2つの事件は様々なメディアで取り上げられましたが、映像はネット上で見つけることができませんでした。
3人の友人は、この機会を利用することにしました。

このように、3人の仲間は、PayPalのボーナスの一部を寄付し、ハーレーはガレージのスペースを提供し、チェンはクレジットカードを使って機材や電力、帯域幅の費用のほとんどを負担しました。

Youtube Goes Live

2005年2月14日、3人は「youtube.com」というドメイン名を登録しました。 2月15日には、「自分を放送する」というモットーのもと、YouTube LLCという会社を設立しました。 YouTubeで初めて動画が公開されたのは、2005年4月23日のこと。 それは、動物園でのKarimの様子を撮影した18秒のビデオでした。 その後、3人は自分たちのサイトを広めることに専念しました。 2005年11月には、サイトはある程度の人気を得て、3人は資金調達という新たな課題に直面しました。

すばらしいアイデアに資金を提供する

最初に用意した機材では、サイト上で動画を共有したり閲覧したりする人が増えてきたため、不十分な状態になっていたのだ。 その頃、チェンはすでにクレジットカードの残高を使い果たしていた。 そこで、旧知のPayPal担当者に電話して、支援を求めた。 そして、PayPalをはじめとする多くの技術系スタートアップ企業の資金調達を支援してきたセコイア・キャピタルを紹介されました。
彼らは350万ドルの資金を得て、成長を続けることができました。 そして、彼らは成長しました。 2006年4月には、さらに事業を拡大する必要があり、セコイア・キャピタルに依頼して800万ドルを獲得しました。 この資金のおかげで、Hurleyのガレージからより広いオフィススペースに移転し、20人の従業員を雇うことができたのです。 HurleyはCEOとなり、ChenはChief Technology Officerとなった。 しかし、Karimは学校に戻ることを決意し、スタンフォード大学の大学院に入学しました。
YouTubeの歴史の中で特筆すべきことは、2005年にナイキが制作したサッカーのロナウジーニョが出演する動画が、史上初めてYouTubeで100万回再生されたことです。

売れました!!!

しかし、サイトの人気が飛躍的に高まっているにもかかわらず、収益はあまり上がっていませんでした。 トラフィックの増加に伴い、サイトに十分な帯域幅とデータストレージを確保するために多くのリソースが割かれていました。 また、この頃、著作権侵害の問題にも直面したが、これは著作権者とのパートナーシップや取引によって解決された。
グーグルは、グーグル広告システムを使ってYouTubeを収益性の高いベンチャー企業にする能力を持っていましたが、2006年10月9日、同社は16億5000万ドルで買収されました。
Googleは、YouTubeをGoogleの広告システムによって収益性の高い事業にする能力を持っていましたが、技術的な巨人がYouTubeを取り上げるや否や、後は歴史の通りです。

YouTube 再生回数YouTube いいねを購入して、自分のチャンネルを成長させましょ

推奨