How to DM on Twitter as part of your marketing strategy for social media
ソーシャルメディアのマーケティング戦略の一環としてのTwitterでのDMのやり方 6

ソーシャルメディアの多くは一対多のモデルで、企業やブランド、個人が一度にすべてのオーディエンスにリンクすることを保証しています。しかし、フォロワーとより個人的な関係を築くためには、その一対多のアプローチだけでは不十分かもしれません。

信頼関係の構築やより深いコミュニケーションには、より親密なパートナーシップが必要になることがよくあります。これにより、フォロワーは、自分が見られている、評価されているということを、ひとつのレベルで感じることができます。

Twitterは、1対多のソーシャルメディアの中でも特に移動が早く、会話に迷うことがよくあります。そこで、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)の出番です。

Twitterのダイレクトメッセージとは何ですか?

一般的には、Twitterにログインしたらまずスクロールしてみましょう。しかし、その裏では人知れず会話が交わされています。


TwitterのDMは、あなたをフォローしている相手と1対1のやり取りを始めるために使用します。また、あなたをフォローしていない人でも、サイト上で誰かからのDMを受信するように設定されていたり、以前にその人にダイレクトメッセージを送ったことがあれば、DMを送ることができます。


公開ツイート(280文字になりました)と同様に、TwitterのDMもかつては140文字に制限されていました。しかし、2015年8月、Twitterはダイレクトメッセージの文字数制限を10,000文字まで拡張しました。また、ユーザーは写真、ビデオ、GIF、絵文字をDMで送信できるようになりました。

TwitterのDMの送り方

使いやすさという点では、TwitterのインターフェイスでDMを行う方法はシンプルです。Twitterのプロフィールの右端にある封筒のアイコンをクリックすると、ウェブアプリでDMを送信することができます。

How to send a Twitter DM
ソーシャルメディアのマーケティング戦略の一環としてのTwitterでのDMのやり方 7

その後、「New Message」ボタンをクリックして、ステアしたいメッセージを選びます。

New Message button
ソーシャルメディアのマーケティング戦略の一環としてのTwitterでのDMのやり方 8

そして、ページの一番下にある、スマートフォンからの「メッセージ」のエンベロープボタンをクリックします。また、書き込みたいTwitterプロフィールに移動して、同じボタンを押してエンベロープにするだけでもOKです。

Twitter Profile
ソーシャルメディアのマーケティング戦略の一環としてのTwitterでのDMのやり方 9

ソーシャルメディア管理ツールを使用している場合、TwitterでのDMの送信と追跡はより合理的になります。

TwitterでDMを送るタイミングと理由

ブランドや企業にとって、TwitterでDMを送ることが賢明な場合がいくつかあります。DMを送ることで、フォロワーとより親密な個人的関係を築くことができます。詳しくは後述しますが、ツイートの文脈や内容によっては、そのツイートに公に返信する必要がない場合もあります。また、新規のフォロワーやカスタマーサービスのフォローアップなどで、あなたに連絡を取り、歓迎したい場合もあります。ブランドとしては、そのような状況に対応できるように準備しておくことで、お客様に喜んでいただけるだけでなく、企業のイメージアップにもつながります。

ツイッターでの会話を公開から非公開へ

企業のTwitterアカウントを運営している場合、Twitterのダイレクトメッセージの設定で、相互にフォロワーがいなくても相手がメッセージを送れるようにしてください。そのためには、”設定とプライバシー “に移動します。プライバシーと保護」タブの「ダイレクトメッセージ」セクションまでスクロールダウンし、他の人からのダイレクトメッセージを受け付けるボックスを選択します。長い目で見れば、これはあなたにとってもメリットがあります。なぜなら、消費者は率直に発言するのではなく、情報源に直接アクセスしたいからです。

Taking a Twitter conversation from public to private
ソーシャルメディアのマーケティング戦略の一環としてのTwitterでのDMのやり方 10

カスタマーサポート用のTwitter DM

消費者がソーシャルメディアブランドに連絡を取る理由としては、ポジティブな体験を共有したい(59%)、製品やサービスに問題がある(47%)、悪い体験をしたかどうか(40%)が上位に挙げられています。また、ブランドや企業は、すべてのソーシャルメディアチャネルにおけるカスタマーサービスへのリクエストを管理する方法を知っておくことが重要です。

自分が直接送った質問やメッセージで、Twitterユーザーからタグ付けされたり、リストアップされたりすることがあります。公共の場でのツイートでブランドを参照する場合は、そのツイートを公に認め、ユーザーにDMをくれるよう求める短いメッセージを添えることをお勧めします。これは、そのクライアントにフォローアップの回答を求めることに加えて、あなたが個人的にこの問題を解決し、メッセージを無視していないことをフォロワーに明らかにするためです。DMに入っていれば、問題解決のために詳しい情報を聞くことができます。

インフルエンサーとのつながり

インフルエンサー・マーケティングは、新しいターゲット市場にブランドを紹介するための成功した方法です。インスタグラムとインフルエンサー・マーケティングを結びつけるのは早いですね。しかし、ツイッターで業界のインフルエンサーに声をかけることは、会話を始めるための説得力のある方法です。

業界のプロフェッショナル同士のやり取りを追跡することで、適切なインフルエンサーを認識することができます。スプラウトのソーシャルリスニング機能を使って、業界の動向をモニターしながら、会話に貢献する重要なオピニオンリーダーを認識することができます。

インフルエンサー・マーケティングでは、一般的な投稿を送るだけでは不十分です。会話をする前に、そのインフルエンサーの作品や効果を知っておきましょう。インフルエンサーはおそらく何百通ものDMを受け取っているので、印象を残し、目立つことが重要です。

インフルエンサーにダイレクトメッセージを送る際には、コラボレーションの可能性を相互に有益な関係として位置づけます。インフルエンサーの影響力の範囲にあなたの会社がどのように当てはまるのか、なぜあなたをそのオーディエンスに紹介するのかを明記します。TwitterのDMは、おそらく正式な契約を結ぶ場ではないでしょう。しかし、関係構築を始めるための紹介があるというのは、とても良い場所です。

最終的な感想

TwitterのDMには、ブランドの認知度を高め、交流を深め、オーディエンスとよりパーソナルなつながりを作る効果があります。

ソーシャルメディア管理ツールを使えば、あなたの可能性は無限に広がります。スマートインボックスのような機能を使ってフォロワーのメッセージや悩みに簡単に対応し、オーディエンスとの交流を向上させることができます。TwitterのDMをソーシャルメディアのマーケティングプランに組み込むことがいかに簡単かを身をもって体験することができます。

いいね!」と「リツイート」の数

いいね!」と「リツイート」の購入

推奨