Twitch on PS4: How To Broadcast Gameplay - Gazette Review

この10年半の間に、ゲーム専用機が普及し、コンソールゲームは飛躍的な発展を遂げました。専用機の開発とそれに伴うコンソールゲームの増加は、この10年間のゲーム配信業界の増加と軌を一にしています。第4世代プレイステーション(PS4)は、世界中のゲーム愛好家に支持されている主力ゲーム機ですが、オンラインゲーム配信の分野では、間違いなくTwitchが最も優れたストリーミング配信の相手となっています。Twitchは現在、米国のインターネットトラフィック全体に占める割合がFacebookよりも高く、GoogleとNetflixに次ぐ存在となっています。PS4でのTwitchのストリーミング配信は、この2つの業界の巨人が見事に合流したことを意味します。

ゲーム機を使ってゲームをする人が増えている中、ゲームだけでなく、コンテンツのストリーミングにも同じデバイスを使用することは理にかなっています。これにより、個人でゲームをする場合と、Twitchでストリーミングをする場合とで、デバイスを切り替えたり、インターフェースを変えたりする必要がなくなります。その実用性から、Twitchでの配信にPS4を使用する方が増えていますが、初心者の方にとっては、その手順が分かりにくい場合もあります。

PS4でTwitchのストリーミングをする方法を知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

twitch on ps4 Cheaper Than Retail Price> Buy Clothing, Accessories and  lifestyle products for women & men -

PS4でTwitchを配信する方法を確認してみましょう。

  1. PS4をTwitchのストリーミングに使用するには、HDCPが無効になっていることを確認してください。Netflixなどのストリームを見るときはオンにし、PS4を使ってストリームを放送するときはオフにしてください。HDCPを制御するには、「設定」の「システム」で「HDCP」ボタンを探します。
  2. ストリームを配信する際にマイクからの音を有効にするために、オーディオ共有を設定します。ストリーミング中に通常話すことがない場合は、このオプションを有効にする必要はありません。ただし、ストリーミング中に話すことで、視聴者にとってよりインタラクティブな体験となり、ストリームが非常に直線的になるのを防ぐために推奨されます。音声を共有するには、「設定」で「放送設定」オプションに移動します。次に、「高度な共有オプション」を選択し、「音声共有設定」ボタンをクリックします。
  3. ストリーム中に使用するデバイスを設定します。PS4では「Playstation Camera」からの映像のみが放送されます。ストリーム中に自分の顔を放送したい場合は、Playstation Cameraの使用が必須となります。また、音声を流すためのマイクなど、その他の機器もここで設定します。デバイスの設定は、「設定」から「デバイス」で行います。

いくつかのアドオン

  1. ストリームのチャット機能を有効にするには、「共有とブロードキャストの設定」オプションで「高度な共有設定」ボタンを選択します。ここで、「Display Messages to Spectators(観客にメッセージを表示)」オプションをクリックして、チャットを有効にします。
  2. コントローラーの「共有」ボタンをクリックし、プラットフォームとして「Twitch」を選択します。ここで、PS4をTwitchに接続する必要があります。これには2つの方法があります。
  3. まず、画面に提示されたQRコードをスキャンします。また、PCやモバイル端末からhttps://twitch.tv/activate にアクセスし、ゲーム機に取り付けられたスクリーンに表示されるコードを入力します。
  4. 続いて、配信するタイトルと出力品質を選択します。ストリーミングを開始して、楽しい時間を過ごしましょう

結論

なお、PS4でTwitchで配信するには、Twitchアプリは必要ありません! ウェブサイトからも可能です。ただし、PS4でTwitchのストリームを視聴するには、Twitchアプリのインストールが必須となります。最後に、お使いのゲーム機でTwitchのストリームを視聴するか放送するかに応じて、HDCPが正しく有効/無効になっていることを確認してください。この記事が、PS4でTwitchのストリーミングを行う方法について、皆様のお役に立てれば幸いです。

私たちは、何千人ものユーザーがTwitchでフォロワー数を増やすお手伝いをしてきました。次の人になりたいですか?ここをクリック

Recommended