世の中にある他の多くのサイトと同様に、Patreonはエンターテイメントのために使われています。だからこそ、Patreonで何をすべきかという質問は、答えが大きいのです。

動画、コミック、情報など、さまざまなコンテンツがPatreonをカバーしています。これは主に、コンテンツ制作者が制作に費やした努力に見合った報酬を得るためのプラットフォームです。

Patreonで何をするか?

それは、まさにその問題を解決するために作られたからだと言えます。youtubeのようなプラットフォームが、アルゴリズムのみに基づいてクリエイターに報酬を支払っていたという問題です。

ここでは、素材に対する評価が、作り手のすべてのものよりも重要であった。なぜなら、これらはクリエイターが手にするお金になるからです。あるチャンネルの動画の再生回数が、クリエイターの収入の基礎となっています。

what to do on Patreon

この問題を解決し、クリエイターの努力に見合った価値を与えるために、ジャック・コントはサム・ヤムの協力を得て、解決策を考えました。そして、Patreon(パトロン)というプラットフォームが誕生しました。

ここでは、クリエイターが視聴料を取るような独占的なコンテンツを投稿することができます。ここでは、クリエイターが投稿したコンテンツによって、投資した分のリターンを得ることができます。

それはもちろん、Patreonにすぐに飛びついて支援してくれるフォロワーがすでに何人もいる場合にはやりやすいことです。しかし、献身的にフォローしてくれるフォロワーが少ないとなると、方法はあります。

ソーシャルメディアページのオーガニック&ターゲットフォロワーの数を増やしてくれるサービスがあります。効果的なPatreonシステムを運営するのに十分な購読者がいないクリエイターにも同じことができます。

このように仕分けされた状態で、Patreonのページでクリエイターとして与える制限やオプションに応じて収入を得ることができるようになります。

これがPatreonが作られた理由です。もしあなたが、Patreonで何をしたらいいかわからないが、自分のページを盛り上げたいと思っているコンテンツ制作者なら、Patreonから始めてみてください。サインアップした後に用意されているオプションは、システムを理解して飛躍するのに十分なガイドとなっています。

また、これは作り手側の視点でもあり、自分の努力に対して対価を求めることができるというものでした。それを受け入れてくれるパトロンに関しては、彼らも参加することができます。

Patreonでは、パトロンの存在が収益の鍵を握っているため、パトロンのために何をすべきかを考えるのはもっとシンプルです。Patreonでクリエイターをフォローしてくれる人がたくさんいないと、クリエイターのアカウントに資金が入ってこないことがあります。

これでは、創造主の説明の目的を破ってしまいます。それは、相互依存のシステムです。クリエイターがコンテンツを作り、それを見るためにパトロンがやってくるというシステムです。そうすると、パトロンからクリエイターに支払いが移る、ということになります。

それは、ユーザーが選択する階層やプランによっても異なります。このプラットフォームには、ユーザーが利用できる4つの主な購読層があります。Patreonプラットフォームを利用して収入を得るためのPatreonへの支払いは、これらの3つの階層によって異なります。

まず、エリートプランでは、収益の5%がPatreonの手数料として支払われます。次にプロプランですが、ライトプランに比べて特典が追加されています。ここでは、アカウントの収益から合計8%が徴収されます。

次に、アーティストが制作した商品をプロフィール上でパトロンに販売できるマーチャンダイズオプション付きのプロプランがあります。ここでは、アカウントの収益に対して8%のコミッションが発生します。

最後のプレミアムプランでは、上記のすべての機能に加えて、さらに2つの機能が含まれています。このプランでは、アカウントの総収入から最大12%の控除が受けられます。

これらのタイヤは主に、コンテンツを作成してそれを収益化したいと考えているユーザーに適用されます。そのため、これらの特典はそのようなメンバーにも適用され、有用なものとなります。

様々なコミュニティに参加することが目的のユーザーの場合は、フォローしているクリエイターに応じたプランを用意しています。

各クリエイターは、作成したコンテンツに応じて金額を設定することができます。また、パトロンに提供する特典を含めた階層やプランを用意することもできます。そのため、コンテンツにかけられるお金に応じて、パトロンはプランを選ぶことができるのです。

そのためには、Patreonでクリエイターの名前を検索し、そのプランに参加することが必要です。自分が購読しているプランは、自分のアカウントのメニューから見ることができます。ここでは、自分の希望に応じて、情報や購読内容を変更することができます。

そんなパトロンのためにPatreonで何をするかを考えると、購読することで得られるメリットは以下のようになります。

  • クリエイティブなコンテンツの舞台裏にアクセスできます。それは、ビデオやアート作品の制作過程、あるいはビジネス全体の内部構造などです。
  • 他のサイトのメインコンテンツとは別の、独占的なコンテンツ。
  • アップロードされたブルーパーシーンのビデオ
  • コンテンツへの早期アクセスやプレゼントなどのイベント
  • 初期のマーチャンダイジングへのアクセス
  • そのチャンネルをサポートするために作成されたブログへのアクセス
what to do on Patreon

これらは、パトロンに存在する、クリエイターが投稿として使用する共通のコンテンツです。これも大まかなものに過ぎません。各クリエイターが制作するコンテンツに応じて、プランやパッケージに含まれる内容の詳細は異なります。

ユーザー専用のコンテンツがあり、サイト上で収入を得る手段があれば、どんなものでも収益化することが可能です。Patreonは、自分の持つリーチを活用するためのプラットフォームとして、まず始めてみてはいかがでしょうか。