世界中に7億4千万人以上のユーザーがいるLinkedInは、断然、最も人気のあるプラットフォームの一つです。インターンシップや様々な業界の仕事が豊富にあり、疲れた就職活動を終わらせてくれます。あとは、登録して履歴書を作成するだけです。
linkedin who viewed my profile
これとは別に、LinkedInで私のプロフィールを見た人を確認することもできます。必要な変更を行う必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。あなたが受けられる恩恵の多さを忘れてはいけません。 ただし、それについては後で詳しく説明します。

LinkedInアカウントの種類

自分のプロフィールを見た人をLinkedInで確認する方法を知る前に、まずは保有しているアカウントの種類から見ていきましょう
  1. LinkedIn ベーシックアカウント(無料)
LinkedIn Basicアカウントを使用している場合、最近自分のプロフィールを閲覧した5人だけを見ることができます。 合わせて、自分のアカウントにアクセスした人の総数や、検索結果に自分のアカウントが何回表示されたかも見ることができます。 <!–
  1. LinkedInの有料アカウント
LinkedInの有料アカウントを持っている場合は、少し事情が異なります。プレミアムユーザーは、自分のプロフィールを閲覧したLinkedInのすべてのユーザーを見ることができます。さらに、彼らがどこから来たのか、職種は何か、どうやってあなたを見つけたのかを知ることができます。 これに加えて、プラットフォーム上であなたの投稿が十分なリーチを得られていない場合は、LinkedInのいいね!を購入することもできます。ギャラクシー・サービスに依頼すれば、あなたの時間を無駄にすることなく、専門家に仕事を任せることができます

誰があなたのLinkedInプロフィールを見たのかをチェックします

  1. LinkedInアカウントにログインし、「Me」アイコンをクリックします。
  2. 自分のプロフィールに移動し、下にスクロールしてプライベートダッシュボードを見つけます。これは、あなたのネットワークやLinkedInのコネクションからは見えません。
  3. 次に、「あなたのプロフィールを見た人」欄をタップします。以前にあなたのプロフィールを閲覧したすべての LinkedIn ユーザーのリストが表示されます
ユーザー名やプロフィール写真とは別に、LinkedInでは彼らの勤務先も表示されます。また、新しいプロフィールに接続したり、既存の人脈にメッセージを送ることもできます

プロフィール訪問から得られるメリット

LinkedInと他のソーシャルメディア・プラットフォームには、いくつかの共通点があります。例えば、見知らぬ人があなたとつながるためのリクエストを送ることができます。しかし、無作為に知らない人を受け入れるよりも、同じビジネスニッチの人とつながり、プロとしての関係を築くほうが理にかなっています
linkedin who viewed my profile
適材適所とは、進路指導をしたり、より強い影響力のある人物を紹介したりすることです LinkedInのプロフィール訪問から利益を得るためにできる最善のことをご紹介します。 <!–
  1. 閲覧者のプロフィールを訪問して、その人やその会社に空きポジションがあるかどうかを確認することができます。
  2. 求職者にとって履歴書の作成が必須であることは誰もが知っています。
  3. 他のLinkedInユーザーにあなたのギグを提示し、彼らがあなたを雇いたいと思うかどうかを確認する機会を与えてくれます。
  4. 自分のプロフィールを見た人のリストを使って、同じ考えを持つ他のLinkedInユーザーとつながることができます。
  5. これらのプライベートなLinkedInのインサイトを使って、1日中自分を励まし、モチベーションを高めることができます。成功の果実は一夜にして熟すものではありません。むしろ、何日も、もしかしたら何ヶ月もかかるものです。そのため、旅が疲れるようであれば、これらの数字を使って自分自身に挑戦してみましょう
訪問者の数が減ってきたら、それはサインだと考えてください。コンテンツを書くこと、ブログ記事を書くこと、人脈を広げること、イベントに積極的に参加することにもっと力を入れ始めましょう。

Recommended