大人気のプラットフォームであるにもかかわらず、LinkedInのスキルは依然として最も過小評価されている資産です。人々はそれらを重要視することを怠り、結局、クライアントや仕事を見つけるのに苦労しています。 幸いなことに、時間と労力をかければ、この状況を改善することができます。この強力な機能を自分の強みにするために、リンクトインにスキルを追加する方法をご覧ください。

スキルを追加することの重要性

新しいことをする前に、なぜそれをするのかを意識しなければなりません。そのメリットは何ですか?それは自分に関係があるのか?
How to add skills on linkedin
同様に、Linkedinでスキルを追加する前に、なぜそれが必要なのかを知っておく必要があります。自分が持っているスキルが履歴書を補完するのではないかと思っているかもしれません。しかし、これは話の半分でしかありません 全世界で何十億人もの人がLinkedInを利用しています。それは、パートタイムやフルタイムの雇用のための無数の有利な機会を提供しています。そのため、採用担当者にとっては、あなたを群衆の中から見つけ出すことは難しくなっています。 しかし、他とは違うユニークなものを提供することで、採用担当者の仕事を軽減することができます。もしあなたが適切なスキルを持っているなら、あなたはすでに一歩リードしているかもしれません。 幸いなことに、LinkedInではスキルを検索して、自分のニッチな分野に興味のある人を見つけることができるのです。そのため、適切なスキルを慎重に選び、プロフィールを最適化することで、HRマネージャーやリクルーターを惹きつけることができるのです。 <!–

いくつのスキルを追加すべきか

Linkedinでスキルを追加する方法を知る前に、他のことを把握する必要があります。あなたは、「多ければ多いほどいい」という古い言葉を聞いたことがあるかもしれません。残念ながら、この状況ではそれは当てはまりません。 <!– LinkedInは、追加できるスキルの数に制限を設けていません。したがって、20個でも60個でも追加することができます。 LinkedInは、追加できるスキルの数に制限を設けていません。 それにしても、そんなにたくさんのスキルが必要なのかという疑問が残ります。おそらく、そうではないでしょう。 LinkedInは主にネットワークの構築と自分の得意なことを表示するためのものですが、プロフィールを詰め込みすぎると負担になることがあります。 だからこそ、自分の得意なことだけにこだわるべきなのです。 そのためには、自分の得意なことだけに集中することです。 なぜ? あなたのネットワークは、あなたのプロフィールの上位3つのスキルしか見ることができないからです。しかも、これらの目に見えるスキルは、人々がエンドースする可能性が高いものなのです。だからこそ、必要な変更を行い、常にトップを目指しましょう
How to add skills on linkedin

Linkedinでスキルを追加する

さて、リンクトインでスキルを追加する方法についてですが、以下のように行います: LinkedInにスキルを追加したり削除したりすることは、決して難しいことではありません。以下の手順を踏むだけでできます: <!–
  1. 任意のデバイスでLinkedInアカウントにログインし、「My Profile」にアクセスします。
  2. 次に、スクロールダウンしてスキルセクションを見つけ、右側の鉛筆アイコンをクリックします。
  3. 次に、「+ Add Skills」オプションをタップし、ドロップダウンメニューからスキルを選択します。
<!– これとは別に、あなたのLinkedInの接続者は、スキルの承認を通じてこれらのスキルを検証することができます

LinkedInの「いいね!」を増やす

エンゲージメント率を高め、より多くのオーディエンスにリーチすることに悩んでいるなら、これが必要です。Galaxy Marketingのような企業の助けを借りれば、手頃なパッケージを選び、100%本物のLinkedInいいね!を購入することができます.  これは、プラットフォーム上での自然な成長を高めるための、迅速で予算に優しいアプローチです。さらに、あなたの投稿にかなりの数の「いいね!」が付くことで、あなたのアカウントが信頼できるものであることが証明されます エンゲージメントや「いいね!」の数が多い高品質な投稿をプロフィール訪問者が目にすると、自動的に好奇心が芽生えます。このようにして、ビジネスのニッチでより多くの機会を得て、プロの人脈を築くことができるのです。 だからこそ、LinkedInのスキルを慎重に追加して、これまでにないほどクライアントを惹きつけることができるのです. 

Recommended