私たちは皆、LinkedInについて、そしてそれが他のソーシャルメディアチャンネルとどう違うかについて知っています。FacebookやInstagramとは異なり、LinkedInはプロフェッショナルな利用、キャリア開発、ネットワーキングを目的としたプラットフォームです。人々はこのソーシャルネットワークを知っていますが、それがどれほど有益なものであるか、実際に把握している人は多くありません。

LinkedIn Content

私たちの住む世界は、常に急激な変化を遂げています。テンキー式の携帯電話は、いまだに使っている人がいるにもかかわらず、今では100年前のもののように感じられると思いますか?それほどまでに、この数十年で世界は大きく変化しているのです。企業が成功し、成長していくためには、時代の流れについていくことがますます重要になってきています。

残念ながら、LinkedInでフォロワーを増やすことは難しく、そのため会社やブランドなどをアピールすることも難しくなります。リーチを拡大するための素晴らしい方法の1つは、従業員が自分のプロフィールであなたのブランドを宣伝することです。求めているリーチを得るための4つのヒントをご紹介しますが、まず重要なのは、「なぜ従業員がコンテンツを宣伝する必要があるのか」ということです。

なぜ社員は会社のコンテンツを宣伝する必要があるのか

社員が自社ブランドを宣伝することは、本当に価値があることなのでしょうか?重視する価値があることなのでしょうか?皆さん、その答えは「大いなるイエス」です。ソーシャルメディアがいかに革命的であるかはすでに述べましたが、プロモーションやマーケティングに役立つその側面を軽視すべきではありません。結局のところ、ソーシャルメディアではネットワークを作ることができます。そのネットワークをどのように使うかは、あなた次第です。従業員が会社のコンテンツを共有することは、会社にとって大きな助けとなります。

まず、若い企業であれば、社員が持つコネクションの数は、会社のプロフィール自体のコネクションよりも多いでしょう。つまり、すぐに多くのオーディエンスとマーケティング対象となる人々を得ることができるのです

そうすると、企業としては、資本主義的で利益を最大化しているように見えてしまい、人々から信頼できないと思われてしまいます。そのため、会社ではなく社員が発信するコンテンツに注目が集まります。このような人々には、社員の友人や家族、同業者などが含まれます。自分のブランドを広めるために、できるだけ多くの人にアピールするためには、社員が会社のコンテンツを共有することが必要です。

そうは言っても、なぜ社員があなたのコンテンツを共有する必要があるのでしょうか?彼らにとって何の得があるのか?正しい方法でコンテンツをシェアしてもらわないと、彼らの頭の中にはこのような疑問が浮かんでくるかもしれません。会社の成長のために重要な役割を果たし、それが最終的には自分のためにもなるということを、従業員に認識してもらう必要があります。

従業員にコンテンツの共有を促すための4つのヒント

さて、問題は、社員が会社のプロフィールのコンテンツを共有することのメリットを認識してもらうためにはどうしたらいいかということです。何を言えば、彼らは本当に耳を傾け、理解してくれるのでしょうか?そのためには、さまざまなアプローチや説得方法があります。ここでは、従業員に会社のコンテンツを積極的に共有してもらうために採用できる4つのヒントをご紹介します。

LinkedIn Content 2

彼らのために何があるのか

これはおそらく、会社のページのコンテンツを共有するように従業員を説得したい場合に、最初に答えなければならない質問でしょう。従業員は特定の仕事のために登録し、それをすることで報酬を得ています。あなたのブランドの宣伝に協力しなければならない理由を伝えなければ、彼らにその動機を与えることはできません。

自分だけのメリットを強調する。会社が成長すれば、それだけで収益が大きく、早くなります。全体の収入が増えれば、給料やボーナス、資金繰りに余裕が出てきます。企業の顧客ベースが大きくなれば、企業の信頼性と人気が高まります。これにより、より多くの人々がその企業を信頼し、ビジネスを行うことができるようになります。

会社の名声が高まると、その会社で働くことが自分のアイデンティティになるので、従業員の評判も良くなります。これにより、従業員はより多くのチャンスを得ることができ、万が一、転職する場合でも、希望する仕事に就ける可能性が高くなります。

Business People Celebrating Success in a Cityscape

 会社の成長は、他の進歩をも可能にします。例えば、より良い建物、より多くの従業員を雇用し、より多くの人材を簡単に見つけることができるようになったため、従業員が希望するシフトを選択できるようになったこと、建物内の設備(コンピュータや家具など)が良くなったことなどが挙げられます。そうすることで、全体的に良い職場環境を作ることができるのです。従業員には、ブランドの宣伝に協力すれば、会社にとって好都合なだけでなく、将来的にも役立つことを明確にしておくことが重要です。

とはいえ、会社のコンテンツを共有することを社員に強要したり、必須にしたりするのは賢明ではありません。共有することで得られるメリットを伝えることに成功すれば、彼らは喜んで共有するようになるでしょう。

ロールモデルとなる

あなた自身がやっていなければ、従業員にLinkedInのコンテンツを共有するよう説得するのは難しいでしょう。従業員に宣伝することのメリットを伝え、説得しようとする前に、あなた自身が積極的にコンテンツの宣伝をする必要があります。そうしないと、メリットを伝えたときに社員が最初に抱く疑問は、「そんなにメリットがあるなら、なぜ宣伝しないんだ?そうでなければ、メリットを伝えたときに社員が最初に抱くのは、「そんなにメリットがあるのに、なぜ自分でやらないのだろう?ですから、あなたが手本を示すことが絶対に重要なのです。

「手本を見せる」ことのもうひとつの利点は、「期待を持たせることができる」ということです。これはどういうことかというと、従業員にLinkedInのコンテンツを共有するように頼んだら、彼らはおそらくあなたがどのように共有しているかを参考にするでしょう。そうすれば、彼らは自分で共有するときに、あなたを参考にするでしょう。

これは標準を定める絶好の機会です。さまざまなプラットフォームの自分の個人的なプロフィールで、コンテンツを共有しましょう。Facebook、Instagram、Snapchat、LinkedInのプロフィール(ブランドのものではありません)、twitterなどが挙げられます。あなたがマーケティングしていることを友人に知らせ、本当にプロモーションに専念してください。

これにより、社員にも自分が何をすべきかを知らせることができます。あなたがやっているほどではなくても、あなたがコンテンツを共有しようとする姿勢は、従業員が同じことをしようとする姿勢に正比例していきます。自分がコンテンツを共有する際には、自分に余裕を持たせてはいけません。従業員のお手本にならなければなりません

職場でのソーシャルメディアをある程度許可する

従業員にLinkedInのコンテンツをソーシャルメディアでシェアしてもらおうとしていますか?しかし、職場でのソーシャルメディアの使用に関しては、少し余裕を持たせる必要があります。

Allow Social Media

There is a very fine line, however, which should not be crossed. You shouldn’t allow your employees to use social media at work to the extent where they start to neglect work or have deteriorating quality of work. It is still important to give them freedom when they share your LinkedIn content and also, to a certain degree, when they use social media just for themselves at work. If you stress on sharing your LinkedIn content on social media but place immovable strictures on what they share and their use of social media at work, they will start to see your demands as selfish.

Whatever the benefits, if they think your reasons for asking them to share content are purely about you, they will refrain from sharing, promoting or marketing anything. Let your employees know of the benefits of sharing on social media and networking. Then let them network on their own, whether it’s promoting company content or just something for themselves. At a workplace however, work obviously comes first and things have to be professional. To ensure that there is a balance, be sure to set certain boundaries and a social media policy to keep things in check.

Use the LinkedIn Employee Notifications Feature

LinkedIn, like other websites and social media apps, continues to grow and make itself better. As of right now, the platform has very useful features. These include the experience section of a profile. Here, you can link the company that you are currently working for and customize however you want according to your needs, e.g. looking for a job. Then, there is also the LinkedIn Teammates feature. This prioritizes content from company contacts and allows for better networking between members within a team; the networking could be with each other or their supervisor.

Notifications Feature

Yet another feature that LinkedIn offers (and one that should be utilized to the fullest) is the LinkedIn Employee Notifications feature. The feature, as the name suggests, is there to notify employees when an update has been posted to their company page. Using this feature is quite simple.

Once an update has been made on the company page, simply look for the Notify Employees option that you’ll find at the top-right of the post. LinkedIn only allows employees to be notified once every day. This is a great way to ensure that your employees don’t end up feeling annoyed by constant notifications.

It is also a good idea to not notify them daily also, but that depends upon the employees and how well they fit with the company. Once employees are notified of an update made on the company page, they can react to it, like it, share it or comment on it. That eventually is going to help out your company a tonne.

Conclusion

LinkedIn and other social networks should be made use of as much as possible if you’re trying to grow your company. Nowadays, social media is how we get our news, keep up-to-date and also what we use for entertainment. This is why it is of the utmost importance to make use of it.

It is always a good idea to ask your employees to share your content because it helps the brand gain more exposure. More exposure means more people will know about the brand. In turn, this will lead to even more people knowing about the brand and that will eventually lead to a bigger company with greater revenue.

Take a balanced approach and regularly remind your employees to share the content. If you do it right, it’s more than worth it.

Recommended