LinkedInのサマリーは、多くの影響を与えることができ、あなたのブランドを表現するのに役立つ最も価値のあるツールです。LinkedInのサマリーの書き方は、完璧なサマリーを書くための最高の記事になります。この記事を読んで、あなたはサマリーについて多くのことを知ることができます。その後、あなたはこれらの簡単なステップとヒントに従って、LinkedInのサマリーを改善し、あなたの将来でより良い機会を得ることができます. 

LinkedInサマリーとは

LinkedInのサマリーの書き方を知る前に、サマリーとは何かについて説明します。これにより、より正確で的確な文章を書くことができます。LinkedInのサマリーセクションは、自分自身を自由に語ることができる場所です。新しい能力や自分が選びたいキャリアを表現するために、最小限の言葉で表現しなければなりません。また、機会を求めているプロフィールを書いて、最高の個性と最高の自分を見せることもできます. 

<!–

how to write a LinkedIn summary

LinkedInのサマリーの書き方

をご紹介します。

さて、サマリーの書き方と、優れたLinkedInサマリーの条件をご紹介しましょう。サマリーを書く際に従うべき主なヒントの一つは、カバーレターとは異なり、過度にターゲットを絞ったサマリーを書く必要はないということです。また、新しい機会を探すたびにLinkedInのサマリーを更新しないようにしましょう。これは、LinkedInのサマリーを書いている間、非常に正確で、可能な限り最高の方法で自分自身を表現する理由です。自分の落ち度や弱みを書かないようにしましょう. 

インパクトを残すために、言葉をうまく使うようにしましょう。また、誰かがあなたのプロフィールを見ているときには、最初の300文字しか表示されないことも知っておきましょう。可能であれば、その300文字の中にすべてをまとめてもいいでしょう。自分の才能や主な褒め言葉を述べてみましょう。これは、採用担当者があなたの能力を分析するのに役立ちます。また、あなたが応募する分野で必要とされるスキルや特性をいくつか盛り込むこともできます。このようにして、応募のたびに心配する必要はありません。

注意すべきミスの例

ここでは、一般の人が要約を書くときにやってしまう間違いをいくつか紹介します。

自分の職歴をただリハーサルする必要はありません。

いくつかの実績を書けばいいのですが、サマリー全体を仕事のことにしないようにしましょう。

あなたがこのサマリーを書いているのは、採用担当者にあなたのことをもっとよく知ってもらいたいからです。

また、LinkedInのサマリーには、あなたの個性の一部を盛り込むようにしましょう

長いLinkedInのサマリーを書いている場合は、自分の経験を読んでいるときに目が疲れないように、小さな段落に分けるようにしましょう

また、いきなり一般的な内容にする必要はありません。また、一般的な内容にする必要はありませんが、自分が今後活躍したいと思う分野の具体的な内容や一般的な内容に絞ってみてください。

how to write a LinkedIn summary

結論

です。

LinkedInは今や、人々があらゆる機会を得る巨大なプラットフォームとなっています。また、有機的に十分な「いいね!」を得られていない場合は、「いいね!」の一部を購入することもできます。素晴らしいサマリーは、あなたの採用に大きな影響を与えます。採用担当者があなたのサマリーの書き方に非常に感銘を受けて、あなたに優位性を与え、その会社でより良いプロフィールを手に入れることができる可能性が何度もあります。LinkedInのサマリーの書き方についてのこの記事は、あなたにとって役に立ったはずです。人がやってしまうような基本的なミスをしないように自粛しましょう。この記事を読んだ人は、サマリーでの自分のミスをすべて出して、修正するようにしましょう。

この記事がお役に立てれば幸いですし、読んでくださった方に感謝します。

Recommended