Linkedinでは、メッセージを送ることで採用担当者と連絡を取ることができます。今や採用担当者の約9割がLinkedinを利用していることをご存知でしょう。プロフェッショナルなメールやメッセージを送ることで、希望の仕事に就くための一歩を踏み出すことができます。このメッセージは、あなたが入ろうとしている業界の第一印象になるので、フォーマルなトーンできちんとしたものでなければなりません。リンク先のリクルーターにメッセージを送る方法を知っておく必要があります

how to message a recruiter on linkedin

Linkedinは非常に多くの人とネットワークを持っているので、自分から話を切り出すことで採用の可能性が高まります。新聞やLinkedinに掲載されている広告を探して、採用担当者にメッセージを送ることができます。

また、リンクトインのフォロワーを増やすことで、業界から見た自分のプロフィールに良いイメージを持たせることができます。LinkedInのフォロワーを購入することができ、自分が巨大なネットワークを持っていることをアピールする手段として使うことができます。 

Who Can You Write Linkedin Messages To

まず頭に浮かぶのは、一般的な質問や欠員補充に関連してメッセージを送る相手は誰がいいのかということでしょう。どの会社にも、さまざまな部署で働く多くの社員がいて、その全員が主にLinkedinを利用しています。リクルーターにどのようにメッセージを送ればいいのか、誰にメッセージを送ればいいのかを知っておく必要があります。

タレント・マネージャー、リクルーター、ディレクター・オブ・ピープル、ヒューマン・リソース・マネージャー、ハーリング・マネージャーなど、さまざまな立場の人が登場します。あなたの質問に応じて、希望する人材に連絡することができます。

リクルーターとのつながり方

をご紹介します。

Linkedinは、リクルーターと連絡を取る絶好の機会を提供していますが、人によっては、これは疲れる作業になります。しかし、リンクトインでリクルーターにメッセージを送る方法を知らない人もいます。この作業にはいくつかの簡単なステップと正しいメッセージのトーンが必要です。もしあなたが正しいメッセージを送ることに成功すれば、採用される可能性が少し高まります。ここでは、採用担当者に連絡する際に留意すべき点を見ていきましょう

  • 適切な人と連絡を取る:リンクトインでリクルーターにメッセージを送る方法を知りたければ、まず適切な人を見つける方法を知らなければなりません。
  • 自分が仕事を探している業界を直接検索することもできますし、一般的なリンクトイングループでもリクルーターを見つけることができます。ただ、探している人がその会社で活躍しているかどうかを確認する必要があります。

     

    • リサーチ:もしあなたが誰よりも目立ちたいのであれば、その業界や、あなたが依頼しようとしている役割や仕事の責任について、きちんとリサーチしなければなりません。そのためには、しっかりと研究した上で、採用担当者へのメッセージを作成する必要があります。

       

      • Linkedinでの連絡が許可されているか確認します。採用担当者に直接連絡できない場合もあります。採用担当者は、仕事の候補者を選ぶプロセス全体を担当する部下を任命している可能性があるからです。そのため、連絡を取ることができない場合は、メッセージを送らないでください。間違った印象を与えてしまいます。

         

how to message a recruiter on linkedin

あなたのメッセージはどのくらいの長さが必要か

Linkedinのメール機能を使って採用担当者にメッセージを送る際には、メッセージの長さに気をつける必要があります。

あまり長くしすぎると、キャッチーなものを見つけて心に留めておくのが大変になります。短くてメリハリのあるものにしましょう。Linkedinでは、件名には200文字まで使用できます。本文では、1900文字まで使用できます。しかし、文字数が多いからといって、すべてを使わなければならないわけではないので、長さには注意してください。

Recommended