多くの非営利団体がソーシャルメディアで存在感を示していますが、その努力の結果を指示し、測定するための実用的な戦略を持っているものはごくわずかです。では、その方法を見てみましょう。

そこで、時間がない場合でも、非営利組織のために実行可能なソーシャルメディアプランをまとめることができるよう、詳細なガイドをまとめました。正確な目標を定める方法、交流を促進する戦術、ソーシャルメディアキャンペーンのパフォーマンスを追跡するために使用できる測定ツールについて説明します。

ソーシャルメディア戦略による非営利組織のメリットとは?

ソーシャルメディア上で存在感を示すことは、プログラムの成長を促進し、投資対効果を高める可能性があります。ソーシャルメディアは、非営利団体のマーケティングの一形態として理解することができます。電子メールによる支援活動、資金調達イベント、その他の広告形態を補完するものとして利用することができます。 

非営利組織は、ソーシャルメディアをうまく活用することで、コミュニティでの知名度、ファンドレイジングによる資金調達額、ボランティア候補の数、さらには社会変革のスピードなどを高める機会を得ることができるのです。では、具体的に非営利団体はどのようにソーシャルメディアを活用しているのでしょうか。以下は、非営利団体がソーシャルメディアを活用する最も重要な5つの理由である。

  • 組織の最新の出来事について他の人に知らせる
  • ブランドの認知度を高める
  • 特定の非営利組織について広める
  • 資金調達

ソーシャルメディアは、その幅広いリーチと手頃なコスト、そして簡単に測定できる影響力から、企業や非営利団体の間で人気があります。非営利組織のために持続可能なソーシャルメディア戦略を開発することは、寄付を増やし、ボランティア活動に関心を持つ次世代の人々を引き込むのに役立ちます。これは、組織の規模に関係なく言えることです。

非営利団体のソーシャルメディア戦略策定の重要性

ソーシャルメディアプランを持たず、プライベートと同じように気が向いたときに投稿するだけでも大丈夫だと考えるのは簡単なことです。当然のことながら、リソースや従業員が限られているため、多くの組織がソーシャルメディア戦略を持っていません。このことに心当たりがあるのは、あなただけではありません! 非営利組織の67%は、文書化されたソーシャルメディア戦略を持っておらず、ソーシャルメディアを利用しているNGOのうち、努力の効果を測定しているのは50%未満である。しかし、非営利団体は、ボランティア活動を支援する上で、ソーシャルメディアが果たす役割の必然性を認識し始めています。

50%の非営利団体が「ソーシャルメディアは貴重だ」と考えており、さらに35%が「ソーシャルメディアはある程度貴重だ」と回答しています。また、「ソーシャルメディアは何の役にも立たない」と感じているNPOは5%未満でした。私たちは、企業も非営利団体も、ソーシャルメディアを活用することで大きな利益を得ることができると認識しています。しかし、ソーシャルメディアへの取り組みを有益なものにするためには、目標、手順、パフォーマンスの評価方法などをまとめた戦略を確立することが不可欠です。非営利団体にソーシャルメディア戦略や計画がない場合、プログラムに対するソーシャルメディアの影響力を評価することは困難です。

ほとんどの場合、非営利団体のマーケティング計画は複数の要素で構成され、そのうちのひとつにソ ーシャルメディアが含まれます。すでにマーケティング戦略を持っている場合でも、非営利団体のためのソーシャルメディア戦略を設計するための時間を追加で確保しましょう。これは重要なことです。次のセクションでは、非営利組織のためのソーシャルメディア戦略の構築方法とそのアプローチの成功を測定する方法について知っておく必要があるすべてのことをカバーします。

非営利団体向けソーシャルメディア戦略の作り方

以下では、非営利団体がソーシャルメディアを利用して、そのミッションを推進し、より多くのボランティアを獲得し、より多くの資金を調達する方法について説明します。

目標を明確にする

あなたの非営利団体には、イベントや企業との提携、キャンペーンを計画する際に念頭に置く、指針となる使命があるのではないでしょうか。実用的で的を射たソヸシャルメディアアプロヸチを行うには、通信をミッションステヸトメントと同じように扱う。あなたの組織の目標は、ミッションステートメントとソーシャルメディアの投稿を導くべきであり、6つの非営利組織のソーシャルメディアの成果を重複させるべきではありません。

  • Traffic Website
  • Community participation
  • Volunteer more
  • Keep donors
  • Brand-building
  • Think Strategic

ソーシャルメディアの目標を知ることで、何を共有するかを決めることができます。目標は、毎週、毎月、または毎年変わるかもしれません。どのような戦略であれ、投稿する際には最終目標を念頭に置いてください。そうすることで、発信の効果を高めることができます。

みんなでブレーンストーミング

企業のパブリックフェイスは、メディアで描写されることを念頭に置いてください。そのため、目標設定や行動計画の策定には、従業員やステークホルダーなど多くの人を巻き込むことをお勧めします。

メトリクスの開発

投稿のゴールを概説するように、キャンペーンのベンチマークを設定します。メトリックス

  1. ニュースレター登録の増加
  2. 参加者
  3. ボランティアの登録
  4. ウェブサイトのトラフィックの増加 フォロー、いいね、またはファン
  5. 進捗測定ガイドライン:

追跡を開始した日付や、購読者数、フォロー数、「いいね!」の数など、統計情報を記録するためにスプレッドシートを使用します。ソーシャルメディアを通じてボランティアがどのようにウェブサイトに導かれたかを追跡・報告するには、Google Analyticsは素晴らしい(そして無料の)ツールです(例:FacebookやGoogle検索を通じて)。

適切なチャンネルを選択する

ソーシャルメディアは豊富。NGOはどのように選択するのでしょうか?多くのソーシャルメディアプラットフォームを管理する時間や資金がないNGOもあります。まずは1-2チャンネルに集中することから始めましょう。うまくいっているならば、拡大しましょう 組織は、より多くの人々にリーチするために、同じコンテンツを様々なプラットフォームで共有することがあります。これは、多くのソーシャルメディアアカウントを管理するための知的なアプローチです。あなたの会社の最適なチャンネルは?検討すべきソーシャルメディアのヒント。

  1. ボランティア先を検討する。リサーチが必要かもしれません。人口統計学は、ファンや潜在的な可能性を特定するのに役立つかもしれません。年齢は、人々がオンラインで時間を過ごす場所に影響する傾向があります (ただし、常に影響するわけではありません)。以下に、トップ5の非営利プラットフォームと、その人口統計学的な人気をリストアップしています。ファンには、どのように連絡を取ればよいかを尋ねましょう。ボランティア募集のアンケートを作成して、ソーシャルメディアのデータを収集しましょう。誰が何を使っているのか?彼らのコンテンツは何ですか?どのような投稿や会話が人気なのか

非営利団体はどのソーシャルメディアチャンネルを好む傾向にあるのでしょうか?この調査によると、上位5つは以下のとおりです。 

  1. Facebook 
  2. Twitter 
  3. LinkedIn 
  4. YouTube 
  5. Instagram

Hope you got the clarity! Also, read our blog on Find out what are twitter engagements for more knowledge about social media!

企業の拡大、グローバルでのソーシャルメディアへの投稿、認知度向上を支援するサービスです。ギャラクシーマーケティングでは、フィードのInstagramいいね!の数を強化することができます。今すぐBUY INSTAGRAM LIKESのサービスを利用するために私たちのウェブサイトをご覧ください。

FAQ