Why are Influencer Marketing Agencies Needed
なぜインフルエンサーマーケティングエージェンシーが必要なのか? 4

インフルエンサーマーケティングエージェンシーとは

「インフルエンサーマーケティング会社」は、このようなマーケティングの過程で仲介役として働きます。これらのエージェンシーは、多くのインフルエンサーを検索し、条件に合うインフルエンサーを選びます。代理店は、その中から最適なインフルエンサーを選び、アプローチし、コンタクトを取る。そして、その中からキャンペーンを組んでくれる企業を探します。ブランドと接触し、その要件、ニーズ、価値観、メッセージを理解する。そして、代理店は人材を探し、最適な候補者を探し、オファーを出します。

キャンペーンを実施し、その人たちと各ブランドを結びつけるプロセスには、多くの時間とエネルギーが必要です。自分たちに何ができるかを示すのです。代理店は、ロジスティックスからクライアントとの契約まで、すべての業務をこなします。ソーシャルメディアの担当者は、ほとんど何もしなくていいのです。彼らの仕事は、ブランドのために最高のコンテンツを作成することです。そして、代理店はブランドのお金から手数料の何割かをカットし、残りはインフルエンサーに渡ります。

インフルエンサーマーケティング代理店の目的

Purpose of Influencer Marketing Agencies
なぜインフルエンサーマーケティングエージェンシーが必要なのか? 5

「インフルエンサーマーケティング代理店」がブランド側に働きかけ、一緒に仕事をするケースもあるようです。一方、ブランドが彼らにコンタクトを取り、キャンペーンについて簡単に説明する場合もあります。ブランドは、ギャップやエラーの可能性を避けるために、彼らの期待について代理店に伝えなければなりません。各ブランドに共通する要件は以下のとおりです。

  • 視聴者を顧客に変えたい
  • ウェブサイトやソーシャルメディアページなどのトラフィックを増やしたい
  • ダウンロード数を増やしたい(ブランドの一部であれば)
  • ブランドの認知度を上げたい(これが一番の要件)

すべてのブランドは、このような人たちと組んで実現したいと願っています

代理店がブランドからのオファーを受け入れ、指名されると、どの代理店もステップバイステップで行うことがいくつかあります。

  1. まず、クリエイティブ・コンテンツ・ガイドを作ることから始めます。ブランドごとに、メッセージやニーズは異なります。
  2. キャンペーンのタイムライン(いつ何が起こるか)を設計し、計画する。
  3. ブランド、業界、顧客、競合他社など、関連するすべての情報を外部調査する。
  4. キャンペーンに参加する人を探すために、社内のリサーチをする。
  5. インフルエンサーにコンタクトを取り、キャンペーンについて説明し、契約を結ぶ。
  6. その人たちによる運営やコンテンツ制作を見守る。
  7. キャンペーンがどのように機能しているか、厳しくチェックする。
  8. キャンペーンの成功を逐一ブランド側に報告する。

Galaxy Marketingは、インフルエンサーにオーガニックフォロワーを提供し、投稿のリーチとエンゲージメントを高めることでサービスを提供することができます。

これらのエージェンシーはどのように利益を得ているのでしょうか?

How do these Agencies Capitalize
なぜインフルエンサーマーケティングエージェンシーが必要なのか? 6

このようなマーケティングエージェンシーは、通常、ソーシャルメディア上のクライアントとその関係者のキャンペーンを管理するための月額料金を請求します。月によっては、代理店が多くのクライアントを担当することもあります。ある月には、代理店は多くのクライアントを扱うかもしれませんが、他の月には、そうでないかもしれません。このため、彼らの収益は様々です。インフルエンサーマーケティング代理店」の中には、キャンペーンごとにクライアントに課金するところもあります。

代理店がブランドとさまざまなキャンペーンを行うとき、彼らは絆を育みます。この絆のために、代理店はブランドに対して良い割引を行い、絆をより強固にし、ブランドに来てもらうようにします。

代理店が全額から差し引く手数料は、キャンペーンによって異なる場合があります。支払いは通常、ドライブのサイズとその要件に依存します。すべての人とそのクリエイティビティは異なっています。代理店は、全体に応じてクライアントに請求する方法を変えます。

一般的な代理店とは別に、以下のようなターゲットを絞った代理店があります。

  1. Instagram インフルエンサーマーケティング代理店
  2. YouTube インフルエンサーマーケティング代理店

代理店がInstagramに特化している場合、YouTubeマーケティングを希望するブランドからの提携は受け付けないでしょう。

おわりに

代理店は、もう何年も前からマーケティングの世界の一部となっています。”インフルエンサーマーケティングエージェンシー “は、それほど古い概念ではありません。しかし、それはうまく普及しています。そのため、このような「忖度」は、「忖度」ではなく「忖度」なのです。いくつかは、一般的であり、すべてのキャンペーンの手順を介して固執し、すべてに対応しています。いくつかは、ターゲットとし、唯一の特定のクライアントで取るされています。そのため、このような弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の?