Tips and Tricks for Selling More on Facebook
Facebookは、家族や友人、同僚が自分の生活を常に更新するシンプルなソーシャルサイトから、土地や家具、アート作品など必要なものを売買できるサイトへと年々進化してきました。Facebookをはじめとするeコマースサイトの利用により、消費者は10年前に比べてより賢い買い物ができるようになりました オンラインで商品やサービスを売買する場合、Facebookのマーケットプレイスは何が違うのか気になりますよね。Facebookマーケットプレイスには明確な利点があり、Facebook上での売買を安全かつ非常に簡単に行うことができます。Facebookを利用することで、消費者の習慣を知ることができ、それをビジネスに役立てることができます。 消費者の習慣に関するデータを収集・分析することで、コール・トゥ・アクション・ボタンを適切な場所に配置してウェブサイトを構成することができます。

Facebookビジネスページを成功に導く

まず、消費者心理を理解する前に、Facebookのビジネスページを成功させるために必要な基礎知識を簡単に説明しましょう これらの重要な点をチェックして、すべてが順調であることを確認してください。
  • 商品やサービスがFacebookページ上で簡単に購入できることを確認する
  • バーチャルストアがある場合は、それらがリンクされていることを確認する。
  • カスタマーサービスがしっかりと計画されていること
  • 顧客が簡単に連絡できることを確認する
これができたら、さらに掘り下げて、このプラットフォームでより多く売るための5つの認知的なヒントとコツについて説明しましょう

1.      価格を高く設定することによるアンカリング・バイアス

Anchoring Bias through Setting Prices on a High
このテクニックは、価格設定ページを表示するために使います。価格表では、サービスや商品の価格帯を入れることができます。価格表が表示されると、消費者にとっては比較ショップのような役割を果たし、あなたが提供する選択肢がお得に感じられるようになります この心理的なヒントを効果的に実行するには、まず、最も売れるサービスと価格帯を特定し、それを強調して中心に置くことを忘れないでください。当然、消費者の目はそのサービスに集まり、価格も中程度になるでしょう。そして、その隣に、価格帯が低いサービスと、売れ筋のサービス価格よりも高いサービスを配置します。こうすることで、単純にお買い得感が出てきます。 Quickbooksは、このAnchoring biasの手法を使って製品の価格設定をしています。彼らのサイトをご覧になれば、どのようにして難なくこれを実現しているかがわかるでしょう。したがって、この価格設定手法を選択する場合は、Facebookのページカテゴリが正しいことを確認してください。サービスを販売している場合は、価格設定ページと同様にサービスタブが用意されており、顧客が推奨するサービスを選択できるように、レベルを異なるものに設定することもできます。 一方で、商品だけを扱うビジネスで、さまざまな商品がある場合は、高価な商品がとても魅力的な写真と対になるように並べてみましょう。こうすることで、顧客は比較ショッピングを始める前に、まずこの商品を見ることができます。 簡単に言うと、アンカリング・バイアスとは、Facebook でより多く売るために使われるコツで、比較可能な商品やサービスを並べ、本当に売りたいものの周りに配置することです。 <!–

2.値引きをする。逃してしまうことへの恐れ

Discounting: class=
これは面白い使い方ですね。これは、単純に商品の割引を行うというものです。派手な広告を作ることで、割引が契約になります。これは、Facebookページの訪問者やターゲットとなる消費者にとって、驚くべき効果があります。彼らは、実際にはその商品を必要としていないかもしれないのに、自分が得ている取引はとても素晴らしいものだと考えるでしょう。 このトリックを実行する最善の方法は、Facebookページで高いエンゲージメントを持つ巨大なファンベースを構築するまで待つことです。この時点で、派手なお得感を演出してみましょう。次のような戦術を創造的に使うことができます。
  • コード付きのクーポンを提供する
  • 、使用時間が限られているものを提供する
  • 、ミニマムエディションの製品を設定する
  • 、バンドルされていて二度と提供しない取引を提供する
このヒントを使ってFacebookで販売することは、とても簡単で、頻繁にセールを行わない会社であれば戦略的です。ターゲットとなる消費者が期待しているタイミングで商品を値引きすることになるので、注目を集めることができます。

3.感情的なつながりがもたらすFacebookシェア

バイラルな投稿の背景にある科学とは何か、考えたことはありますか?その答えは、あなたが投稿に対してどのように感情的に反応するかというシンプルなものです。感情的になっている投稿をシェアすることが多くなります。これは消費者にも当てはまります。感情的になれば、その投稿をシェアするでしょう。より多くのシェアを得ることで、間違いなく売上につながるでしょう。 Facebookで販売を目的としたコンテンツを作成する際には、顧客のシェア行動を促す8つの感情について考える必要があります。これらの感情は、Robert Plutchik氏の『感情の輪の心理学者』でよく説明されています。 これらの感情は、最も内側の円に見られ、エクスタシー、賞賛、恐怖、驚き、悲しみ、嫌悪、怒り、警戒です。 ブログなどのリンク型の販売方法を採用している場合は、さまざまな見出しや魅力的な写真を使って消費者にアピールします。見出しを変えて、何度も投稿することも考えられます。マーケティング用語を使って話すのではなく、視聴者と一緒に話すことを目指しましょう。

4.ストーリーは売れる:素晴らしいストーリーを作る

Stories Sell: Create a Great Story
会社の背景に説得力のあるストーリーを用意しましょう。これは、Facebookで販売する際に便利な戦略的ヒントです。これは、Facebookで販売する際に役立つ戦略的なヒントです。製品であれ、サービスであれ。マーケティングでは、ストーリーテリングが最新の流行語になっています。感情的なつながりを持つ優れたストーリーが、どのようにして売り上げを伸ばすことができるのか、興味深いですね。 これを効率的かつ効果的にハックするには、自社のストーリーを明確にして理解することです。このストーリーを魅力的な方法で語り、失敗や勝利を語るのです。ストーリーから消費者の注意を引くことで、ブランドロイヤリティにもつながります。これは、消費者が企業との関わりを持ちたいと思っているからです。 製品やサービスのストーリーを伝えるために、動画や写真を活用しましょう。消費者に関するストーリーや、製品やサービスが彼らの問題解決にどのように役立ったかを紹介するとよいでしょう。ナイキは、この戦略をFacebookなどでの販売に活用している企業の典型的な例です。彼らは、アスリートたちの勝利や、最高の選手になるために克服した障害についてのストーリーを共有しています。 このストーリーテラーとしての名声を営業目的で効果的に実行するには、ストーリーを素晴らしいものにする以下の要素を理解する必要があります。
  • Protagonist: 物語の中のヒーローです
  • Antagonist: ビジネスを始めたり、成長したりする中で遭遇する課題です。
  • Conflict: 主人公と敵役の間に出てくる問題や議論 です
  • Resolution: 主人公が自分の課題を解決し、成功した点です

5.お金よりも時間を大切にする

この心理学的なヒントは、製品やサービスを単に価格と一緒に掲載するのではなく、経験として販売することです。この方法をとることで、あなたが喜ぶメリットがあります。実際、消費者は製品の利点に魅力を感じ、価格は問題ではなくなることに気づくでしょう。 実は、スタンフォード大学ビジネススクールのキャシー・モギルナーとジェニファー・エイカーの2人の学生が行った研究があります。それは、 時間対お金に関するものでした。この研究では、「消費者に、製品にいくら使ったかを考えるよりも、製品を体験する瞬間を考えてもらうことができれば、その時点で利益を享受し始めることができる」という結論を導き出しました。 Facebookで商品やサービスを紹介するときには、できるだけ価格を言わないことが大切です。その代わりに、クリエイティブなストーリーテリングのトリックを使って、お客様に素晴らしい体験を購入していると思わせましょう。また、商品がどのように使われるのかを示すことができれば、静止画だけの場合よりもプラスになります。 Facebookのページには、冒険的なストーリーをたくさん書きましょう。綺麗に撮られた動画や魅力的な写真をできる限り使用しましょう。これは、売上を積極的に伸ばすための戦術です。

まとめると

Facebookで成功したマーケターになるためには、意思決定に役立つデータの収集と分析に役立ついくつかの機能を利用する必要があります。この記事で説明したように、より多くの人に売るための適切なヒントやトリックを選択することが、重要な意思決定の一部となります。 マーケターとしては、これらのテクニックを恐れずに適用し、自分のブランドに何が最適かを見極め、Facebookでの販売のチャンスを増やしてください。Facebookは、その機能や性能を最大限に活用して売上を伸ばす価値のあるプラットフォームなのです。